あん馬

     技  名   ファイルタイプ            解  説  等  欠点と対策
旋  回  系

ボックでの両脚旋回

ビデオ   Point

跳び箱での両脚旋回

ビデオ    
両脚旋回 HTML 回し方の解説もあります。いろいろな方法・考え方もあると思いますが・・・。  
開脚旋回 HTML(アニメ)     スピ−ドがあり、後ろで腰の伸びた大きく雄大な開脚旋回をめざしましょう。決して力まかせにならないように。
ポメル旋回   足入れのときに、斜め右前方に上体(肩や胸)を向けて、軸手でできるだけ長く!しっかり押さえてやることが大切だと思います。そうした捌き方によって、一見タイミングは遅く感じますが後からの手が一気にポメルに入ります。実質的には早い握りと言えますね。
軸手で長く押さえて、後手を入れるのを待って、下肢が前に出ると同時にパッと(本当にパッとという感じで)握りに持ち込むわけです。
後手(軸手に変わる)が支えにはいると同時に、横へ足を振り回すように軸手で押してやります。腰の切り返しも抜きのときに回転に合わせて行います。
以上簡単な説明ですが、旋回のスピード落とさず回すにはこのような捌き方(あくまで私見です。)がいいと思います。やってみてください。
ただ、スピードがつきますので、落下したとき肘等を痛めないよう注意してください。
 

一把手上縦向き旋回

ビデオ    
photo 体線はすっきりと伸びていいのですが、背中がやや落ちているのが安定感を無くしているような気がします。どうでしょうか?この後、パタパタ(プロペラ、いや正式には馬端下向き全転向連続かな?)で失敗しました。  

開脚旋回(トーマス)後移動連続

ビデオ    
上向き転向 HTML  

腰が曲がりすぎていませんか?
できるだけ真っ直ぐにしてください。そのためには、大きく回してやることとしっかり押さえることが必要です。

Point

シュテクリ

ビデオ ちょっと下を向いていますがリズムはよいと思います。 Point
Bシュテクリ HTML    

Bシュテクリ連続

ビデオ 2001年版の採点表から削除になってしまいましたね。でもBシュテクリのやり方はよくわかりますよ。
特に軸手(左手)の押さえと、後からの入れ手(右手)のタイミングがつかめると思います。
 
下向き全転向連続(パタパタ) HTML    

前移動-下向き全転向連続(パタパタ)

ビデオ    
ウ・グォニアン HTML    

馬端下向き転向おり

(正面)

(横) 

ビデオ 高校規定のおり技です。  

馬端転向−馬端外向き下向き転向−馬端転向下向きおり(マンボ)

ビデオ 最近はやる人が少なくなりましたが・・・。  
下向き逆移動開脚倒立おり HTML    

トラムロー(横移動−上向き転向)

ビデオ
(正面から)

  体重移動はもちろん大事ですが、ポメルの握りや押さえもとても大切です。体重移動の際は、長めに握ったり支えたりしてやったらよいと思います。

      〃      

ビデオ
(横から)
   
横移動     Point
馬端中向き旋回     Point
振 動 系
フロントセア(前交差) HTML    

フロントセア

ビデオ(正面から)    

   〃   

ビデオ(横から)    

フロントセアひねり

ビデオ    

バックセア(後ろ交差)

スロービデオ(前)    

      〃      

    〃  (横)    

 あん馬は、両脚旋回と交差技等の振動系とで構成されるものです。なかでも、構成の大部分が両脚旋回なので、この両脚旋回であん馬の善し悪しが決まってしまうほど重要です。でも、そうだからといって振動技をいい加減にしている選手も見受けられますが、おろそかにしないよう練習してほしいですね。
さて、その両脚旋回の練習ですが、奥が深く一言で語れませんね。巷の専門書に方法が述べられていたりしますが、千差万別いろいろな解釈、実施方法があります。
でも、言えることは一つ。「力ではない。バランスだ。」と言うことではないでしょうか。もちろん最低限の支える力は必要だし、技を続行するスタミナは当然培わなければなりませんが、脇を十分に開け腰を伸ばしたスピードあふれる両脚旋回は、やはり力ではないでしょう。上級者は「あん馬は楽ですよ。」と言います。
この欄で少しでもその両脚旋回のノウハウが語れればと思っています。ぜひ、お読みのあなた、ご意見を・・・・




ページトップに戻る


sponsord link