平行棒

     技 名
ファイルタイプ
解 説 等
欠点と対策
   支 持 系
支持振動  

私のやってきたことや、指導してきたことを元に書きますので、ややもすると違う捌き方を論じる方も多いかも知れません。一考としてとらえていただければよろしいかと・・・。

平行棒に支持になった姿勢では、体を真っ直ぐに保持し手首は落としすぎないように・・・どちらかといえば真っ直ぐな状態で支えます。
肩は沈めないようにしますが、上に持ち上げ(ツリという姿勢)すぎてもいけません。肩も沈まないように真っ直ぐに支えましょう。

振りは、腰で前後に作り出すのではなく、腕を前後に振るつもりで行ってみてください。そうすることで腰曲がりが大きくならないと思います。(当然真下から前に振れるときは足先が先行しますから、若干の腰曲がりは起こります。)

徐々にスイングが大きくなると、先に述べた肩を沈ませない状況が肩の沈んだ状況になってきます。しかし、あくまで自分で沈めるのではなく、体重が下に大きくかかるため真っ直ぐにしていても沈むといった理屈です。(自分で抜いてはいけません。)

最初の段階(前後に水平くらいの大きさ)としては以上のことに気をつければよいかと思います。
前から後ろへ振り込み倒立まで持ち込むスイングや倒立からの振りおろしからの前振りの方法等まだまだテクニックは存在するわけですが、基本的な方法を述べさせていただきました。

 

支持振動の動画は支持振動計の各種目をご覧になればイメージ待つかめるかも知れませんね。

機会があれば前後の支持振動だけの動画を撮影してきたいと考えています。お待ちください。

 
支持後ろ振りひねり倒立(正移行) HTML   Point

支持後ろ振り逆ひねり倒立(逆移行)

ビデオ スイングからの逆移行です。後ろ振りの体勢(移行へのタイミングの取り方)を見てください。  

後ろ振りとびひねり倒立(一挙倒立)

ビデオ

足を割ってリラックスして行っていますが、肩の沈めと下肢のそり上げ、そして、次にタイミング良く突き手(前に出た肩をひきながら)と体の含みがおこなわれ(足を残す)、ひねりが同調されています。出来のいい一挙移行です。

平行棒で急にやるのは怖いですから、補助台を床に2個おいて、その間でスイングができるようにして練習すると怖くないし安全だと思います。(握り損なうこともないですからね・・・)

 
一挙3/4ひねりとびだし懸垂 HTML    

前振りひねり倒立(ツイスト倒立)

ビデオ   Point
前振り1/4ひねり単棒横向き倒立 HTML    

デアミドフ3/4ひねり単棒倒立

スロービデオ

アフリのタイミングや軸腕へののせ方、また、頭・胸・腰等の姿勢にも注目して下さい。

ツイストと似ていますが、ツイストは突き放して浮きを見せる必要がありますが、ディアミはバーを握ったまま(押さえを効かせて)ひねりを行うわけで、そのあたりのやり方が大きく違うところでしょうか。
最初はスイングから足を曲げてもいいですから、軸手を握ったまま横に回っておりましょう。(もちろん低バーで補助台をおくことを忘れずに!)
徐々にスイングを大きくして(水平やや上くらいでしょうか?大きくし過ぎると肩倒れが起こり、ひねりにくくなるとともに危険が増すので気をつけてください。)脇を開けながら、体重を軸手にのせるようにします。
体重がのり始めると、少しずつひねりが多くなってきますので横(台上)に下りるのがうまくいかなくなりますから、軸手と反対側のバーに、パッドやマットをかけて危なくないようにしましょう。
次は足を伸ばすように行うわけですが、若干ひねりにくくなってきますので、しっかり足を頭上に振り込み、腰・胸を含んでやるようにします。
このあたりまで、うまくいくともう完成は近いですね。
くるくるっと体重がのってくると、ひねりは結構スムーズですよ。
後は倒立に収めるだけですね。

 
後方棒上宙返り倒立 アニメ 往年の名選手イワンコフの捌き方。  

屈身モリスエ

ビデオ    

屈腕支持前振り−開脚後ろ抜き倒立

ビデオ    

前方屈身宙返りおり

ビデオ 後ろ振りの足先の振り込み方、前宙にはいるときのタイミングと突き手をよく見てください。
着地のいい加減なのはごめんなさい。
 

前振り上がり−前方屈身宙返り1回半ひねりおり

ビデオ 現在、後方のドッペルが主流ですが、高校生くらいでひねり感覚の良い選手には危険度も少なく取り組みやすいかなと個人的に思います。でも、最後によほど良い前振り上がりが出来ないと試合では使えませんが・・・。
ビデオの演技は効率の良いひねりです。前宙でひねりのための軸作り(あて?と言うか、ん〜表現が難しい・・)をしっかりおこなってからひねりに入っています。もう少し高さがあって、足バラがなければ良い出来だと思います。
 
後方棒上宙返りおり

HTML
ビデオ

連続写真です。
横と正面からのビデオです。 
 

後方棒上屈身2回宙返りおり

ビデオ    
   腕 支 持 系
前振り上がり HTML   Point
腕支持後ろ振り上がり HTML   Point

後ろ振り上がり開脚抜き支持−倒立

ビデオ   Point
   懸 垂 系

後方車輪

ビデオ   Point

かかえ込みベーレ

ビデオ    

懸垂前振り後方かかえ込み1回半宙返りひねり腕支持

ビデオ    

棒下振り出し腕支持

HTML
ビデオ

   
チッペルト

アニメ
ビデオ

   

逆上がりの初歩練習

ビデオ   Point

逆上がり倒立

ビデオ バーを外側から握った逆上がりです。回転と上昇力をつけるための予備振動をおおいに参考にしましょう。
完璧に伸腕で倒立に持ち込んでいます。
足を振り込むとき膝曲がりがちょっと気になりますが・・・。
 

逆上がりひねり倒立

ビデオ    

けあがり−後方開脚抜き倒立

ビデオ   Point
平行棒の技術を大別すると、支持系と腕支持系そして懸垂系です。
基本正しく、それぞれの技をマスターすることは鞍馬の旋回と同じくらい大変です。なんといっても根気がいります。特に、アーム系(腕支持系)は、振動するだけで痛くて痛くて耐えられません。上腕にあざを作りながら歯を食いしばってがんばっている選手をみると本当に大変さがわかります。でも、避けては通れないですね。
支持系・アーム系、そして懸垂系をバランスよく組み合わせて演技を構成しなければならないので、それぞれの技術の解説をしたいと思っています。



ページトップに戻る


sponsord link