鉄棒

     技 名
ファイルタイプ
解 説 等
欠点と対策
   前 後 懸 垂 系

け上がり

ビデオ コバチからのけ上がりです。勢いがあるので膝近くを鉄棒に寄せています。  
振動等     Point

前方車輪

ビデオ   Point

後方車輪

ビデオ   Point

ツイスト−移行

ビデオ   Point
逆手背面車輪     Point

順手振り出し−後ろ振り上がり

ビデオ  

振り出し・Point

後ろ振り上がり・Point

片逆手後ろ振り上がり1回半ひねり倒立-順手車輪 HTML    
前方車輪−1回ひねり片大逆手懸垂    

Point

とび車輪     Point

順手車輪−とび1回半ひねり(リバルコ)−大逆手懸垂

スロービデオ    
   支 持 系

ほん転倒立(後方浮き支持回転倒立)

スロービデオ ずっと以前この技は、採点規則ではB難度でした。現在はA難度になってしまいました。技術の進歩なんでしょうか。結構良い捌き方は難しいんですが・・・。
さて、その捌き方なんですが、私の持論をいいます。(ご意見お待ちしております。)
倒立支持から体をおろして後方へ回転する部分の指導のしかたがいろいろありそうですが、私は、つってはいけないと指導しています。(つるとは、背中をや や丸めて体をしめる・・、しめるとは体を緊張させることです。)
背中をつることによって、後方への回転を起こしにくくしてしまいます。頭も背中も まっすぐ(反ってしまっては困りますが)のまま、支持から回転へ持ち込みます。
回転に入るやいなや、あごを締め、背を丸くし、思いっきり後方へ回転させて やります。そうすれば、すばらしいスピードを得ることができ、後半の倒立へ持ち込む部分がらくにできると思います。
倒立へ持ち込む部分は、またの機会に・・・。
とにかく回転のつけ方が一番大切と思っていますので。
 

後方開脚足裏支持回転倒立(フットサークル)

ビデオ    
後方開脚浮腰回転倒立(シート倒立) アニメーション
真横からのアニメ
   

後方浮腰回転

ビデオ

 

最初は、真下でつぶした回転が出来なくても、回転の感覚をつかむために(勢いを得ることや手首の返し方等の感覚)、とにかく足を 思いっきり入れ、はずれないようにして連続させましょう。
根気よくやれば、回転の後半に少しずつ上昇してくる感じがつかめてくると思います。

 

前方浮腰回転

ビデオ  

後方閉脚浮腰回転倒立(閉脚シュタルダー)

ビデオ 車輪からの持ち込み方、足入れのタイミングと肩の回転(はずし)、そして頭の姿勢を観察してください。
入れの部分がうまく捌けると回転のスピードがつくので、後半は楽でしょう。胸を含み腰を伸ばします。手首の返しは倒立位になるときに返しましょう。
 

前方開脚浮き腰回転倒立(エンドー)

ビデオ   Point

前方閉脚浮き腰回転倒立1回ひねり大逆手懸垂

ビデオ
スロービデオ

   

倒立−前方支持回転倒立

ビデオ    

シート倒立逆手持ち替えーエンドー倒立1回ひねり大逆手懸垂

ビデオ    

前方閉脚浮腰回転振り出し倒立(アドラー倒立)

ビデオ 倒立から入れるところから載せていますが、逆車輪から倒立位に乗せれるようにスピードや方向(上につり上げるように)を調整してください。
倒立になったら、肩を上につり上げ(バーをしっかり下へ押して)肩が前方に早く回り過ぎないように、車輪および肩の回転を止めるように(前述したように上方へのつりでタイミングをとるのがベターです。)します。これが1番大切なポイントでしょうか?
腰を曲げて足先を腕の間に持ってきますが、背中をつってあごを締めて行いましょう。肩が水平くらいまで回転してきたら、両膝を一気に顔につけるくらいまで 突っ込みながら身体をたたんでやります。(このとき回転が近回りをしないよう、肩・背中のつりを活かして遠くを回してやりましょう。)
このたたんだ状態とたたまれた場所が、この後の腰の伸ばしから肩転移する方向を決定します。(ビデオで確認してください。)
後は腰の開きとバーを下へ引いて脇を開けて肩を返すことになります。肩転移する際は手首を返して、肩(脇)をしっかり伸ばし、あごを締めた形で行ってください。詰まっていたり手首が帰らず肩転移が下方向で行われると肩を捻挫します。気をつけましょう。
 

アドラー-逆背面車輪-逆手持ち替え

ビデオ    

アドラー1回ひねり-エンドー

ビデオ    
   手 離 し 技
片逆手振り出し−後ろ振り上がり−上向き跳び越し懸垂 HTML   Point

伸身コスミック

スロービデオ    
開脚トカチェフ
連続写真    
伸身トカチェフ HTML    

ギンガー懸垂

ビデオ 分解写真(左記動画を切り出したもの) Point
デフ(ギンガー1回ひねり)     Point

背面車輪−伸身イエーガー

ビデオ    

コバチ

ビデオ   Point
車輪−コバチ ビデオ    

コールマン(コバチ1回ひねり)

スロービデオ あふりやひねり方(顔の向け方等)がよくわかりますよ。  
マルケロフ     Point

ゲイロードひねり懸垂

     
   お り 技

車輪−後方かかえ込み宙返りおり

ビデオ 後方宙返りおりの最初の段階です。ここからいろいろな形に発展していきます。しっかりマスターしましょう。
あふりの姿勢、時期、離手の瞬間の姿勢等よく見てください。ちょっと画面が暗いのですが・・・。
Point

後方伸身宙返りおり

スロービデオ アフリや離手の瞬間がよくわかると思います。(裁き方の一例です。) Point
後方伸身2回宙返りおり

HTML
ビデオ


スロービデオ

   
後方伸身2回宙返りおりの基礎練習 HTML ほんの一例ですから・・・。 Point

加速車輪

スロービデオ 離手直前の車輪です。アフリを待って(充分に体を反りながら送り込んで)足先を持ってきているのがわかります。 Point
後方伸身2回宙返り2回ひねりおり HTML    
鉄棒は、男子体操の花?男に「花」はおかしいかな。でも、どきどきはらはらしながら見る鉄棒は最高です。
鉄棒に限らず、他の種目もそうですが、間近で、そ う大会会場のそれも鉄棒の真横で観戦するのがなんと言っても最高に興奮するシチュエーションです。(テレビ観戦では伝わってきませんね。)
鉄棒は、雄大な振動・・・これが命です!!!
ちょこまかと力で捌く演技はちっともおもしろくありません。 基本の振動を大切に



ページトップに戻る


sponsord link