ゆか

     技  名  ファイルタイプ            解  説  等   欠点と対策
 前 方 系

前転とび







ビデオ
(上は両足立ち)
(下は片足連続)

前方系タンブリングの基礎的な技で、それからつながる宙返りの助走(ロンダートと似ていますね。)ともいえる技です。
誰もが体操を始めると、タンブリング系で最初に練習させられるもので、できあがると簡単ですが(当たり前か・・・)、結構時間のかかる技であり、最初のマスターの善し悪しでその後の発展に大きく影響してしまうデリケートな部分があります。
ゆかのフロアパネルの堅かった昔は、前転とびから連続する場合に、着手した腕をやや曲げてゆかを押す形で回転を助けたりしましたが、最近はフロアパネルにもバネが入り、腕をしっかり伸ばして突き手を入れ、蹴りや振り込み足と同調させれば雄大にかつきれいに次の宙返り等に導入することが出来ます。

着手が遅れてしまうため、突き手が生まれない。
(着手する前のステップの歩幅を広くして、上半身を低くしてみましょう。)

肩が前に出てしまう。
(足の振り上げと着手が同調していない場合によく起きます。)

着地で腰や膝が曲がる。
(最後までアゴをあげて着地しましょう。)

Point

前転とび−前方かかえ込み宙返り

HTML   Point

前転とび−前方伸身宙返り

ビデオ    
前転とび−前方伸身宙返り1回ひねり HTML(アニメ) 前転とびの解説が主のページです。 前方宙返りの導入部分をしっかり実施してからひねるようにしましょう。

前方かかえ込み宙返り

ビデオ

高さ不足やかかえ込みの甘さもありますが、イメージはつかめると思います。

前方系代表の宙返りです。その要領ですが、助走からすぐに前方宙返りは助走も大切で軽快にスピードに乗って踏切まで持ち込んでください。
最後の1歩(両足をそろえて踏み切る前)を重心があまり上下動をしないようにしながら蹴りに持ち込むようにした方が効率よく宙返りに入れると思います。(これは私のやり方で、人によってはいろいろあるかもしれません。)
蹴るときの姿勢ですが、ゆかのバネを十分に利用するために、やや胸を含み、そしてしゃがみすぎないように(俗にいう白樺の姿勢)短く強く上に蹴ると同時に上体を引き上げます。腕の使い方は、上からかかえ込むように行うと蹴りに合わせた引き上げがしにくいですから、蹴る瞬間は前から上あるいは下から上がよいと思います。
回転中は出来るだけ体を丸め、効率よく回すことが大事です。胸を中心に回転するように意識してやりましょう。また、十分に引き上げた後、体にぎゅっと締めるように緊張感を持たせるとクルッと効率よく回転するとともに着地もしやすくなります。

蹴るときに体が締まっていない。

腰で回転させないように。胸を中心に回るように意識しましょう。

・Point

前方かかえ込み宙返りひねり

ビデオ 体を開くときにひねるといいかも。早くひねると回転不足になりやすいです。 ・Point

前方かかえ込み2回宙返り

スロービデオ スロー動画ということもあり、迫力があります。  

前方かかえ込み宙返り1回ひねり

ビデオ   ・Point
前方かかえ込み宙返り連続   着地が次の宙返りの蹴りになるように。 ・Point
photo 前転跳びから、前方伸身宙返り1回半ひねりにはいる瞬間です
胸をやや含んで高さと回転を誘導していますね。右手が今まさにひねりを開始しようとしています。
 

前方伸身宙返り

ビデオ スロー

導入の両足踏切前転とびと2演技です。  
前方伸身宙返り1回半ひねり HTML    

前方伸身宙返り1回半ひねり

スロービデオ    

前方伸身宙返り2回ひねり

スロービデオ    

前方伸身宙返り2回半ひねり

スロービデオ まだ未完成ですが・・・。  
その場踏切前方かかえ込み宙返り     Point

片足踏切前方伸身宙返り

ビデオ   踏切足(前足)が狭い場合は前屈のタイミングがとりにくいです。
とびこみ前転 HTML    
とびこみ前転1回ひねり     Point
 後 方 系

後転とび連続

ビデオ

@立った姿勢で腕の振りを十分に使ってやりましょう。
Aそのとき、膝・腰を軽く曲げ胸も含んでやります。蹴る準備と後ろへ返す(回転させる)準備をするわけです。
B腕が下から勢いよく振れ上がるとき体重をしっかり後ろへかけて(椅子に腰かけるような感じで、でもあまりしゃがみすぎないようにしましょう。)、そしてつま先でしっかり蹴ってください。
C蹴りに合わせて、含んでいた胸・腰を反らせてゆかに着手します。
D着手し、反った倒立からその反動(胸・腰を含むように)を利用して軽くしゃがんだ形で立ちます。

簡単に解説しました。危ないですから、できれば友達に腰を支えてもらったりして安全に練習しましょう。

後方への体重移動が不十分。

蹴りが抜けてしまい、空回りをしてしまう。
ビデオ

上半身の返しが早い(後ろへの重心移動が出来ていないうちに)ため、同じく空回りする。

Point

ロンダート−後転とび

ビデオ    

ロンダート−後転とび−後方かかえ込み宙返り

ビデオ    
その場踏切後方かかえ込み宙返り HTML    
後方かかえこみ宙返り     Point

ロンダート−後方かかえ込み宙返り

ビデオ    
後方伸身宙返り HTML(アニメ)    

後方伸身宙返り

ビデオ   Point

後方伸身宙返り1回ひねり

ビデオ 一つの方法ですが・・・

1 .蹴りや引き上げ(両腕を使って体を上に)をしっかり正面を向いたまま行うようにします。ひねりを意識しすぎると、ここでもはやひねろうという動作が出てしまいます。そうなると宙返りがうまく(高さや回転不足)行えません。

2. 挙げた腕をひねる方向に振り込み、上半身を誘導します。この際、アゴを引いて胸をやや含む感じがよいでしょう。
1/2ひねって前宙を行う感じです。

※ ここまでを、ウレタンマット等があればその上に背中から(決して立とうとしないように。回転しすぎると危険です。)落ちるように練習すればよいのですが・・・。(半分ひねって前宙のような姿勢になって背中から落ちるということです。)
ここまでがうまく捌くことが出来れば後半分ひねればよいわけです。

3. 次に、背中から落ちるときにスタート地点の方向を向くように顔を向けてみて下さい。
両手はやや横に少し開いた感じがよいでしょう。(人によって様々ですが・・・。)
ウレタンマットにお腹から落ちる感じです。やや足からになっても構いませんが、くれぐれも腰や膝・足首を痛めないように気をつけてください。)

4. ひねりがスムーズになれば、着地が出来るように挑戦してやりましょう。
Point

後方伸身宙返り2回ひねり

ビデオ   Point

後方伸身宙返り2回半ひねり

ビデオ

なかなか良いひねりだと思います。高さといい、着地の取り方といい、うまい捌きですね。

引き上げとひねり時の体の締め、そして最後の半分はゆかを見てひねっていますので安定しています。
このゆかを見ながら着地することによって、次への連続を可能にします。(1回半ひねりからも同様です。)

動画再生プレーヤーのスライダーを利用して研究してください。

 

後方伸身宙返り3回ひねり

スロービデオ    

後方かかえ込み2回宙返り

スロービデオ ちょっとタックルの早いのが気になります。もう少し腕で上半身を引き上げれば、高さが出ると同時に回転も余裕が出てくると思います。
回転の2回目を意識的に強めにタックル(体を小さく、緊張させ締める。)すれば着地がとりやすいと思います。
Point

後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり

ビデオ

スロービデオはこちら

引き上げからひねりに誘導している右手に注目ですね。  
ロンダート−後転とび−後方伸身2回宙返り HTML    

後方伸身2回宙返り1回ひねり

ビデオ

スロービデオはこちら

結構高さのある良いサルトですね。
参考にしてください。
 
ロンダート−テンポ宙返り HTML    

テンポハーフ-前方伸身宙返り1回ひねり-

前方伸身宙返り1回半ひねり

HTML    
テンポ宙返り-後方伸身宙返り1回半ひねり-前方伸身宙返り1回半ひねり HTML    

後方伸身宙返り1回半ひねり
−前方かかえ込み宙返り

ビデオ 1回半ひねりの後半(1回ひねってからの残り半分)、床を見ながら着地するようにします。次の前方宙返りへのタイミング取りのためです。
そして、ひねり終わりは両手が上になるようにさばき、次の前方宙返りへ誘導します。
 
後方かかえ込み宙返り−前方かかえ込み宙返り   きりかえし系。
後方宙返りのさばき方にポイントがあります。後方宙返りが終了 した瞬間が前方宙返りの蹴りになるわけです。蹴る瞬間は、両手が前か上にあること、蹴るときの身体の姿勢が、少し胸・腰が含まれた状態(白樺のポーズ)に なっていることが大切です。
後方宙返りは、十分な引き上げを行い高さをだして雄大に実施するけれど、回転の後半は前宙の蹴るための準備を空中で行う必要があります。回転をゆるめ (言葉で表現するのは難しいけれど・・・身体の緊張をややゆるめ、腕を上に挙げ蹴る準備をしながら着地する。という言い方であってるかな?)、先 ほどの白樺姿勢で着地と同時に床を蹴ります。(着地してから蹴るのではなく、着地即蹴りですね。)
足首や膝、あるいは腰を痛めやすいので、余裕のある後方宙返りが要求されると思います。
 
後方伸身宙返り2回ひねり−前方宙返り HTML    
 側 方 系
ロンダート HTML   Point

逆のロンダート

ビデオ 上の分解写真とひねりが逆の人はこちらを参考に。  

台を使ったロンダート練習

ビデオ 台を利用して、しっかり身体を起こす練習です。着地と同時にウレタンマットに背打ちしましょう。  

側方開脚伸身宙返り

ビデオ    

ロンダート-側方開脚屈身宙返り

スロービデオ ロンダートから、蹴り・引き上げ部分に注目してください。  
 そ の 他

ロンダート−後ろとびひねりかかえ込み前方宙返り

ビデオ

ロンダートからの蹴りと引き上げをしっかり行うことが大切ですが、特に体の軸(ひねり軸・・・頭から足先の線です。)をまっすぐに作ってから捌くようにしてください。
そうしないと前宙が斜めに回転してしまいます。

ビデオは、ひねりがとても早くすぐに前宙を行っていますが、瞬間的に軸作りを行っています。
選手によっては遅めにひねる捌き方をしている場合がありますが、いずれも蹴りと引き上げ(そのときに軸がずれないように瞬間的でもよいですからまっすぐに引き上げることが大切です。)
ひねりながら引き上げていても構いませんが(多くの選手はそうなっているかもしれませんが)、軸さえ出来ていればゆがみません。

練習段階としては−
1 ウレタンマットを高く積み、ロンダートから蹴りと引き上げをしっかり行って、背打ち(あお向け)してください。アゴは締めておきましょう。両手は万歳の形で回転しないようにしてください。
2 同様に1/2ひねって(うしろとびでひねる)腹打ち(うつ伏せに)を行ってみてください。こちらも体全体でマットに落ちるように調整してください。腰等を痛めないように・・・。
3 ウレタンマットを低くして、うしろとびひねりから前方に回転して背中からマットに落ちましょう。最初は怖いと思いますので、横に補助者をつけてモモあたりを上げてもらい回転を助けてもらいましょう。
または、小さく捌いて慣れてきたら思い切りやるようにした方がよいかもしれませんね。
4 うしろとびひねりから前宙を行ってみましょう。3の段階までうまく実施できれば大丈夫だと思います。
前宙の着地が不安定な場合は、回りすぎが危険ですから補助者に着地後の姿勢を補助してもらいましょう。

前宙系の技は危険性が高いので、怪我をしないように実施してください。決して無理に行わないよう注意しましょう。

 

ロンダート−後ろとびひねり伸身前方宙返り

ビデオ    

3回ターン

ビデオ    

倒立

ビデオ

体操系の技術ですが、体操競技すべてに共通する技といって過言ではありません。基本的には、体をまっすぐにして実施することが必要で、腕が曲がったり、肩 が前へ出たり、体が反ったりしてはだめです。手首の上に肘、肘の上に肩、肩の上に胸・腰、そして、その上に下肢、と言う具合にそれぞれの関節の上に じょうずにのせるように実施します。そうすることによって、美しくまっすぐ(鉛直な)で力のあまり必要でない安定した倒立になるのです。
練習方法としては、補助で脚を持ってもらう方法もいいのですが、これでは姿勢を矯正するには力が入れにくく難しいので、壁を利用するのがいいかもしれません。壁に向かって倒立をするのではなく、おなか側を壁に向けて行います。できるだけ手を壁にくっつけるよう移動させ、倒れないようにがんばれば意外に まっすぐな感じがつかめます。倒れたら危ないので、脚を補助者に押さえてもらうと安心ですね。
とにかく、しっかりとした倒立をマスターすることが大切なので暇さえあれば挑戦してください。

ビデをでは補助者による倒立を載せています。

Point

十字倒立

ビデオ 肩の位置が高いのですが、とりあえずこのようなイメージで・・・。  

後転倒立

ビデオ 体を上昇させるタイミング(体の伸ばしと手の押し)を合わせましょう。ビデオの演技は着手と押しが遅れています。腰の伸ばしに合わせる必要がありますね。 また、倒立に持ち込むときは、胸や腹を反らせないで(しっかり締めたまま)肩から倒立になるように心がけることが大切です。 Point

ゴゴラーゼ

ビデオ 右手支持と同時に引き上げを行い、倒立に持ち込んでいます。      
その部分が遅れると(着手や引き上げ)倒立には上がらないと思います。
 
開脚旋回 HTML 下手な絵です。すみません。  

  〃  

ビデオ   Point
両脚旋回     Point

両脚旋回−下向き全転向連続(パタパタ)

ビデオ    
ウィンドミル(ブレイクダンス系回転) HTML    
トンフェイ     Point

倒立はね起き連続

ビデオ   Point



ページトップに戻る


sponsord link